2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« VBScriptでは、ArrayのPush()代替関数を使おう。 | トップページ | コレクションのループの中での、作成、削除、変更は御法度ですよ。 »

2006年9月23日 (土)

文字列の連結は、ArrayのPush()とJoin()を使おう。

文字列を繰り返し連結するとき、
文字列連結演算子を使うと、性能問題を起こします。

Lines=""
For Each Item In Items
  Lines=Lines & vbLf & Item
Next
MsgBox Lines

こういうときは、ArrayのPush()とJoin()を使いましょう。

Lines=Array()
For Each Item In Items
  Push Lines,Item
Next
MsgBox Join(Lines,vbLf)

« VBScriptでは、ArrayのPush()代替関数を使おう。 | トップページ | コレクションのループの中での、作成、削除、変更は御法度ですよ。 »