2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 文字列の連結は、ArrayのPush()とJoin()を使おう。 | トップページ | ERRORLEVELの簡単表示 »

2006年9月24日 (日)

コレクションのループの中での、作成、削除、変更は御法度ですよ。

Folder.Filesでファイルを作成、削除、リネーム。
Folder.SubFoldersでフォルダを作成、削除、リネーム。
Folder.Items()でFolderItemを削除、リネーム。
Shell.Windows()でieをQuit。
EnumNetworkDrivesでMapNetworkDrive、RemoveNetworkDrive。
EnumPrinterConnectionsでAddPrinterConnection、AddWindowsPrinterConnection、RemovePrinterConnection。

数値インデクスを降順にループしながらの削除は問題ないことがありますが、
保証されている訳ではないので避けたほうが無難でしょう。

削除、変更したいとき、コレクションのループの中では、配列に転写するなどしておいて、
コレクションのループを抜けてから、配列のループなどで処理を実行します。

« 文字列の連結は、ArrayのPush()とJoin()を使おう。 | トップページ | ERRORLEVELの簡単表示 »