2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« コマンドラインで、空のファイルを作る、改行のない文字列を出力する。 | トップページ | MSHTA.EXEの使用法、URLの記述法 »

2006年9月16日 (土)

バッチファイルでファイルを読む方法

「ファイルの先頭行だけを読む。」

SET x=
SET /P x=<ファイル

※ 空行を読むと、変数の中身は変化しないので、読む前に初期化しておく。

「ファイルの先頭から3行を読む。」

(
SET x1=
SET /P x1=
SET x2=
SET /P x2=
SET x3=
SET /P x3=
)<ファイル

「ファイルの4行目だけを読む。」

同上で、読み飛ばす。

(
FOR /L %%n IN (1,1,3) DO SET /P x=
SET x=
SET /P x=
)<ファイル

「ファイルの全行を読む。」

× FOR /F "delims=" %%0 IN (ファイル) DO ECHO %%0

※ 空行が読めないので、駄目。

SETLOCAL ENABLEDELAYEDEXPANSION
(FOR /F %%0 IN ( 'FIND /C /V ""' ) DO SET m=%%0)<ファイル
FOR /L %%n IN (1,1,%m%) DO (
SET x=
SET /P x=
ECHO;!x!
)
)<ファイル

※ EOFが認識できないので、先に行数を調べる。

« コマンドラインで、空のファイルを作る、改行のない文字列を出力する。 | トップページ | MSHTA.EXEの使用法、URLの記述法 »