« HTAやHTMLで、ウィンドウの位置やサイズを取得する方法 | トップページ | unixコマンド擬似バッチファイル(nl,wc-l,tail,reverse,head) »

2006年9月12日 (火)

「ファイルを開く」「名前を付けて保存」ダイアログのプレースバーを変更、拡張する方法

「ファイルを開く」、「名前を付けて保存」ダイアログでは、
目的のフォルダに辿りつくまでが大変です。

それを簡単にするのが、ダイアログの左側にある領域です。

しかし、これも、使い勝手があまりよくないですね。
カストマイズできれば、まだしも、そのやり方が分からない。

そんなとき、やっと、この領域の名称が分りました。
プレースバー(PlacesBar)と言うらしい。

名前さえ分れば。

インターネットを「プレースバー」で検索すると、カストマイズの方法がいっぱい。
なんだ、Powertoys for Windows XP Tweak UI でも、できるじゃないか。

MSDNライブラリをPlacesBarで検索すると、
http://msdn.microsoft.com/library/en-us/winui/winui/windowsuserinterface/userinput/commondialogboxlibrary/aboutcommondialogboxes/openandsaveasdialogboxes.asp?frame=true

プレースバーは、標準状態で、
「最近使ったファイル」
「デスクトップ」
「マイ ドキュメント」
「マイ コンピュータ」
「マイ ネットワーク」
の5個です。

この中で、「最近使ったファイル」は役立たずなので、例えば、「お気に入り」に変更したい。

また、よく使うフォルダを追加したい。

先の記事によれば、変更は可能です。

以下は、そういうレジストリファイルです。好きに変更して、結合してください。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Comdlg32]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Comdlg32\Placesbar]
"Place0"=dword:00000006
"Place1"=dword:00000000
"Place2"=dword:00000005
"Place3"=dword:00000011
"Place4"=dword:00000012

一方、追加は出来ないようです。そこで、代替方法です。

「お気に入り」に、例えば、「フォルダ」というフォルダを作成します。
ここに、「好きなフォルダのショートカット(.lnk)」を置きます。

ダイアログでは、「プレースバー」から「お気に入り」、「フォルダ」、
「好きなフォルダのショートカット(.lnk)」と辿ります。

また、事前に置いてなくても、その場で、ダイアログの「プレースバー」から
「お気に入り」、「フォルダ」と辿り、そこにエクスプローラなどから
「好きなフォルダ」をドラッグして、ALTキーを押しながらドロップして、
ショートカット(.lnk)を作成し、それをクリックして辿ることが出来ます。

また、「プレースバー」には、「お気に入り」でなく、この「フォルダ」を登録して
おくとよいでしょう。そして、「フォルダ」に「お気に入り」のショートカット(.lnk)
を作成しておきます。

"Place0"="C:\Documents and Settings\ユーザ名\Favorites\フォルダ"

« HTAやHTMLで、ウィンドウの位置やサイズを取得する方法 | トップページ | unixコマンド擬似バッチファイル(nl,wc-l,tail,reverse,head) »