2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« CMD /C;←ここにお呪いを付けよう。 | トップページ | 関連付けのコマンドラインに、%Sを指定すると、そこに、WindowStyleが入ります。 »

2006年10月14日 (土)

コンソールアプリの関連付けを変えてGUIから使い易くする。

VBSファイルの「コマンドプロンプトで開く」って使ってます?
コンソール入力には、使えても、コンソール出力には、使えないではありませんか。
ウィンドウが閉じてコンソール出力が見えない。 なので、ほとんど使わない。使えない。

他にも、バッチファイル、コンソールアプリなど、GUIからは、なんか使い難いと思いません?

そこで、batfile、cmdfile、exefile、vbsfileなどの関連付けを
以下のように追加または変更したほうが、使い易いし、使えると思います。

"パス\RunWithArgs.CMD" "%1" %*

※ バッチファイルは、PATHに置くか、フルパスを指定するか、いずれか。
※ バッチファイルにCMD/Cは不要。

@ECHO OFF
SETLOCAL
SET COMMAND=%*
SET /P ARGUMENTS="%COMMAND% ?"
CMD.EXE /C,%COMMAND% %ARGUMENTS%
ECHO リターンコード (ERRORLEVEL) : %ERRORLEVEL%
PAUSE

実行前に引数を追加できます。
リターンコード (ERRORLEVEL)を表示します。
コンソールウィンドウを閉じる前にPAUSEします。

« CMD /C;←ここにお呪いを付けよう。 | トップページ | 関連付けのコマンドラインに、%Sを指定すると、そこに、WindowStyleが入ります。 »