« MsgBoxやWScript.Echoでは、改行に、vbCrLfでなく、vbLfを使うべし。 | トップページ | 「Web ページ、完全」保存の再保存で「Web ページの保存エラー」 »

2006年10月 4日 (水)

「Web ページ、完全」保存の.filesフォルダの「超」余計な機能は外しましょう。

IEで「Web ページ、完全」で保存すると、タイトル.htmファイルとタイトル.filesフォルダが出来ます。
これらのファイルとフォルダは、対で管理されていて、ファイル操作が自由にできません。
矢鱈と警告やエラーが出て、勝手に消えます!

この機能の詳細を調べようにも、キーワードが不明では、MSDNライブラリもインターネットも検索できません。

以下のキーワードで検索します。

"Connected Files"

NoFileFolderConnection

機械翻訳では「接続ファイル機能」となってますが、和訳は定まっていないようです。

詳細は、以下を参照のこと。

Managing the File System

HTML ファイルまたはフォルダに対するの操作は、同様名前のフォルダまたは HTML ファイルに適用されます。

【コラム】Windows XPスマートチューニング 第205回 HTMLファイルの保存時のコネクション機能を無効にする

これらの記事を参考に、この「超」余計な機能は外しておきましょう。
この機能を残しておいていいことは何一つありません!

「フォルダオプション」-「表示」
□ ファイル及びフォルダ
 □ Web ページとフォルダを対で管理します。
  ○ 対になった部分を 1 つのファイルとして表示し、管理も 1 つのファイルとして行います。
  ○ 対になった部分を両方とも表示し、管理は 1 つのファイルとして行います。
→ ◎ 対になった部分を両方とも表示しますが、管理は別々に行います。

« MsgBoxやWScript.Echoでは、改行に、vbCrLfでなく、vbLfを使うべし。 | トップページ | 「Web ページ、完全」保存の再保存で「Web ページの保存エラー」 »