2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« コマンドラインでPDFファイルを印刷する。(Acrobat Reader 6.0) | トップページ | HTAでmoveTo/resizeToと<hta:application>タグの位置関係 »

2006年12月31日 (日)

HTAの表示/非表示と<hta:application>タグとの関係

<hta:application>タグがなければ、WindowState=0を指定して起動すれば、HTAを非表示にできます。

<hta:application>タグがあると、WindowState=0を指定して起動しても、HTAを非表示にできません。

しかし、<hta:application>タグを指定して、かつ、HTAを「非表示」風にすることはできます。

<html><head>
<script>
while(true){
  try{
    resizeTo(0,0);
    break;
  }catch(e){}
}
</script>
<hta:application border="none" showintaskbar="no"></hta:application>
</head></html>

または、

<html><head>
<script language="vbscript">
Sub Try()
  On Error Resume Next
  resizeTo 0,0
End Sub
Do
  Try
Loop While Err
</script>
<hta:application border="none" showintaskbar="no"></hta:application>
</head></html>

実際には縦横1ピクセルで表示されています。
Alt+TabでアクティブにしてAlt+F4で終了します。

« コマンドラインでPDFファイルを印刷する。(Acrobat Reader 6.0) | トップページ | HTAでmoveTo/resizeToと<hta:application>タグの位置関係 »