« 画像やテキストファイルなど、HTML以外のファイルをIEで開くのは危険です! | トップページ | バッチファイルの実行を逐次化する。 »

2006年12月19日 (火)

コマンドラインでUTF-8、EUC、JIS、Unicodeなどのテキストファイルを表示する。

Unicode Little Endianは、TYPE、MORE、FINDコマンドで読めます。

その他のUTF-8、EUC、JIS、Unicode Big Endianなどは、以下で読めます。
このとき、拡張子は.txtにしてください。

タイプ.CMD テキストファイル.TXT

@if(0)==(0) ECHO OFF
CScript.exe //NoLogo //E:JScript "%~f0" "%~f1"
GOTO :EOF
@end
var htmlfile=WScript.GetObject(WScript.Arguments.Item(0),'htmlfile');
while(htmlfile.readyState!='complete') WScript.Sleep(100);
WScript.Echo(htmlfile.body.innerText);

末行を以下に変えると、Unicodeで出力します。
new ActiveXObject('Scripting.FileSystemObject').GetStandardStream(1,true).Write(htmlfile.body.innerText);
コンソールへはUnicodeでも表示可能です。

« 画像やテキストファイルなど、HTML以外のファイルをIEで開くのは危険です! | トップページ | バッチファイルの実行を逐次化する。 »