2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« バッチファイルの実行を逐次化する。 | トップページ | コマンドラインでテキストファイルをHTMLファイルにする。 »

2006年12月21日 (木)

VBSファイルでタイプライブラリの定数を参照する。

WSFでは、<reference>要素や<object>要素のreference="yes"属性(隠し)で、
定数が参照できるようになりますが、VBSやJSでは、この機能が使えません。
そこで、VBSファイルでも、定数が参照できないものか、試してみました。
一応、これで取れます。

For Each Constants In CreateObject("TLI.TLIApplication").InterfaceInfoFromObject(CreateObject("Scripting.FileSystemObject")).Parent.Constants
  For Each Member In Constants.Members
    On Error Resume Next
    Execute "Const " & Member.NAME & "=" & Member.VALUE
    On Error GoTo 0
  Next
Next

WScript.Echo ForReading

でも、上のExecuteをWScript.Echoに変えてファイルに出力し、
必要な定数宣言だけを貼り付けたほうが、早いし、速いような。

« バッチファイルの実行を逐次化する。 | トップページ | コマンドラインでテキストファイルをHTMLファイルにする。 »