« バッチファイルで行末の空白を削除する。 | トップページ | スクリプトからDDEを使ってPDFファイルを印刷する。 »

2007年1月 7日 (日)

Adobe Reader 7.0のPDFファイルの関連付けを改善する。

Adobe Reader 7.0の関連付けにはいろいろ問題があります。

PDFファイルを印刷中に、他のPDFファイルを関連付けで開こうとしたり、
印刷しようとしても無視されます。

複数のPDFファイルを選択して関連付けで印刷しようとしても、
ひとつだけ印刷されて他は無視されます。

複数のPDFファイルを選択してプリンタにドロップして印刷すると、
アプリがひとつ開いたまま残ります。

関連付けは以下のようになっています。

デフォルト動詞はRead。

Read "Adobe Reader 7.0 で開く"
オプションなし  → /n

Open "開く"
オプションなし  → /o

Print "印刷"
/p /h → /cjs /n /p /h または /cjs /t

PrintTo
/t → /cjs /t

「開く」がOpenとReadと2つあるので、Openを/oオプションの「同じプロセスで開く」、
Readを/nオプションの「新しいプロセスで開く」に変えるとよいでしょう。

印刷は、/nオプションで新プロセスを起こして、/cjsオプションで閉じるとよいでしょう。
或いは、/cjs /tオプションでも同じです。

PrintToは、/cjsオプションで閉じるとよいでしょう。

※ /cjsオプションは、Adobe Reader 8.1で廃止されましたので、もう使えません。

« バッチファイルで行末の空白を削除する。 | トップページ | スクリプトからDDEを使ってPDFファイルを印刷する。 »