2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« HTAの表示/非表示と<hta:application>タグとの関係 | トップページ | コマンドラインで印刷ジョブの状態を表示する。 »

2007年1月 1日 (月)

HTAでmoveTo/resizeToと<hta:application>タグの位置関係

<hta:application>タグに表示に関する属性があるので、
<hta:application>タグを読み込むまで、HTAは表示されません。

なので、もし、<hta:application>タグがないと、HTMLをすべて読み込むまで、
HTAは表示されず、HTMLをすべて読み込んだところで表示されます。
読み込み途中でclose()していると、最後に一瞬表示してから消えます。
これはclose()前にresizeTo(0,0)しておけば目立ちません。

<hta:application>タグより後でmoveTo/resizeToすると、
HTAを一旦、デフォルトのサイズと位置で表示してから、指定のサイズと位置に変わります。

最初から指定のサイズと位置で表示するには、
moveTo/resizeToを<hta:application>タグより前に記述します。

« HTAの表示/非表示と<hta:application>タグとの関係 | トップページ | コマンドラインで印刷ジョブの状態を表示する。 »