2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« Excelファイルの関連付けで、DDEを使わないようにする。 | トップページ | コマンドラインでExcelファイルのマクロを呼び出す。 »

2007年2月24日 (土)

Excelファイルをコマンドラインで印刷する。

ExcelPrint.CMD ファイル

MSHTA.EXE vbscript:Execute("Set xl=CreateObject(""Excel.Application""):xl.AutomationSecurity=2:Set bk=xl.WorkBooks.Open(""%~f1""):bk.PrintOut:bk.Close:Set bk=Nothing:xl.Quit:Set xl=Nothing:resizeTo 0,0:close:")

ExcelPrint.VBS ファイル

Set xl=CreateObject("Excel.Application")
xl.AutomationSecurity=2
Set bk=xl.WorkBooks.Open(WScript.Arguments.Item(0))
bk.PrintOut
bk.Close
Set bk=Nothing
xl.Quit
Set xl=Nothing

ExcelPrintTo.CMD ファイル "プリンタ名"

MSHTA.EXE vbscript:Execute("Set xl=CreateObject(""Excel.Application""):xl.AutomationSecurity=2:Set bk=xl.WorkBooks.Open(""%~f1""):Call bk.PrintOut(,,,,""%~2""):bk.Close:Set bk=Nothing:xl.Quit:Set xl=Nothing:resizeTo 0,0:close:")

ExcelPrintTo.VBS ファイル "プリンタ名"

Set xl=CreateObject("Excel.Application")
xl.AutomationSecurity=2
Set bk=xl.WorkBooks.Open(WScript.Arguments.Item(0))
Call bk.PrintOut(,,,,WScript.Arguments.Item(1))
bk.Close
Set bk=Nothing
xl.Quit
Set xl=Nothing

« Excelファイルの関連付けで、DDEを使わないようにする。 | トップページ | コマンドラインでExcelファイルのマクロを呼び出す。 »