« フォルダペインのバックグラウンドのコンテキストメニューに追加する。 | トップページ | 普通の方法でHTMLソースが得られないときに、HTMLソースを取り出す奥の手 »

2007年2月 5日 (月)

IEの「ソースの表示」で文字化けしないでオリジナルソースを保存する。

IEで「ソースを表示」すると、「メモ帳」にオリジナルソースが表示されます。
しかし、「メモ帳」で扱えない文字コードやバイナリは当然、文字化けします。

文字化けしたときは、「メモ帳」の「名前を付けて保存」を開きます。
そこで、FileNameが分かります。それをクリップボードにコピーします。
次に「名前を付けて保存」をCacheフォルダに移動します。
それにはちょっとコツが必要です。

ファイル名欄に、
C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Temporary Internet Files\*
を入れてEnterキー。

或いは、上から順に辿ると、
C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settingsへ行っても、
一覧にTemporary Internet Filesが見当たりません。
ここで、ファイル名に*を入れてEnterキーすると表示されます。

Temporary Internet Filesを選択して、ファイル名にTemporary Internet Files\*
を入れてEnterキーするとファイル一覧が表示されます。

ファイル名に先ほどのFileNameを入れて、ここでも、ワイルドカードを使って、
FileName* のように入れてEnterキーすると、一覧にそのファイルが表示されます。

後は、そのファイルをドラッグや右クリックして好きなようにしてください。

« フォルダペインのバックグラウンドのコンテキストメニューに追加する。 | トップページ | 普通の方法でHTMLソースが得られないときに、HTMLソースを取り出す奥の手 »