2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« バッチファイルで、CSVファイルをHTMLファイルの<table>に変換する。 | トップページ | document.write()のセキュリティゾーン »

2007年2月28日 (水)

スクリプトからWin32APIをCALLして、ウィンドウを最前面に表示する。

もし、Excelがあれば、スクリプトからWin32APIをCALLすることができます。

以下は、ウィンドウタイトル「電卓」を最前面に表示します。

'Const HWND_TOPMOST = -1
'Const SWP_NOSIZE = 1
'Const SWP_NOMOVE = 2

Set Application=CreateObject("Excel.Application")
hwnd=Application.ExecuteExcel4Macro("CALL(""user32"",""FindWindowA"",""JJC"",0,""電卓"")")
RC=Application.ExecuteExcel4Macro("CALL(""user32"",""SetWindowPos"",""JJJJJJJJ""," & hwnd & ",-1,0,0,0,0,3)")
If RC=0 Then MsgBox "ウィンドウが見つかりません。"

« バッチファイルで、CSVファイルをHTMLファイルの<table>に変換する。 | トップページ | document.write()のセキュリティゾーン »