2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« バッチファイル自身の実行結果をファイルに残すバッチファイル | トップページ | WSH以外のホスト環境でのWScript.Sleep()の代替関数(その2) »

2007年4月21日 (土)

WSH以外のホスト環境でのWScript.Sleep()の代替関数

「待ち/Sleep」は、WSH環境では、WScript.Sleep()が使えますが、
IE、HTA、WSCなどのホスト環境では、WScript.Sleep()が使えません。
その代替方法です。

ping.exeを使用します。

Sub Sleep(Sec)
CreateObject("WScript.Shell").Run "ping.exe localhost -n "&(Sec+1),0,True
End Sub

Sleep 秒

秒を指定します。

1回目は多少(数秒)の時間が余計に掛かりますが、
2回目以降は数百ミリ秒のオーバヘッドに落ち着きます。

« バッチファイル自身の実行結果をファイルに残すバッチファイル | トップページ | WSH以外のホスト環境でのWScript.Sleep()の代替関数(その2) »