2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« Doskeyのコマンド履歴にコマンドを事前設定する。 | トップページ | URLを構成要素に分解する。 »

2007年5月 2日 (水)

URLが表示済か未表示かを判別する。

URLが表示済か未表示かによって、Webページ上でリンクの色が異なります。
つまり、URLが表示済か未表示かをこれで判別できるはずです。

Function IsVisitedURL(URL)
Set Document=CreateObject("htmlfile")
Document.write "<html><body><a id=a1 /></body></html>"
Document.body.all.a1.href=URL
IsVisitedURL=Document.body.all.a1.currentStyle.Color=Document.vlinkColor
End Function

URL="about:blank"
MsgBox IsVisitedURL(URL),,URL

« Doskeyのコマンド履歴にコマンドを事前設定する。 | トップページ | URLを構成要素に分解する。 »