2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« Excel 2007のヘルプのショートカット | トップページ | DVD-VRモードのDVD-RAMやDVD-RWで「ビデオ ファイル」のautoplayを有効にする。 »

2007年7月18日 (水)

しつこいAdobe Readerを終了する。(その2)

Excelでなく、関連付けのDDE機能を利用します。

まず、Adobe Reader終了専用の拡張子.AcroExitを作ります。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\.AcroExit]
"NeverShowExt"=""

[HKEY_CLASSES_ROOT\.AcroExit\DefaultIcon]
@="\"C:\\Program Files\\Adobe\\Reader 8.0\\Reader\\AcroRd32.exe\",0"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.AcroExit\Shell]

[HKEY_CLASSES_ROOT\.AcroExit\Shell\Open]

[HKEY_CLASSES_ROOT\.AcroExit\Shell\Open\command]
@="\"C:\\Program Files\\Adobe\\Reader 8.0\\Reader\\AcroRd32.exe\" -Embedding"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.AcroExit\Shell\Open\ddeexec]
@="[AppExit()]"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.AcroExit\Shell\Open\ddeexec\application]
@="acroview"

[HKEY_CLASSES_ROOT\.AcroExit\Shell\Open\ddeexec\topic]
@="control"

ファイルパスはバージョンにより異なるので適宜変更してください。

Adobe Reader終了.AcroExitという名前のファイルを作成します。

このファイルを起動すると、Adobe Readerが終了します。

« Excel 2007のヘルプのショートカット | トップページ | DVD-VRモードのDVD-RAMやDVD-RWで「ビデオ ファイル」のautoplayを有効にする。 »