« IEの「ファイル」-「オフライン作業」メニュー項目を出す。 | トップページ | WinDiff.exeをソースレビューで使うには、差分リストに加工する。 »

2007年7月11日 (水)

WinDiff.exeをコマンドラインで使おう。

WinDiff.exeはコマンドラインで使えない、と思ってませんか?

詳しくは、WinDiff -?を見て貰うとして、使えますよ。

ただし、Windowsアプリなので、コンソール出力ができないみたいですが、
それは、テンポラリファイルを介せば済む話です。

具体的には、

WinDiff.exe 左ファイル 右ファイル -filrx 出力ファイル

面倒ならバッチファイルを作ればよいのです。

WinDiff.CMD 左ファイル 右ファイル

WinDiff.exe %1 %2 -filrx $$$
MORE $$$
DEL $$$

« IEの「ファイル」-「オフライン作業」メニュー項目を出す。 | トップページ | WinDiff.exeをソースレビューで使うには、差分リストに加工する。 »