« クリップボードをクリアする。 | トップページ | スクリプトからコンソールウィンドウの「すべて選択」「コピー」「貼り付け」 »

2007年8月 7日 (火)

スクリプトでクリックボードを使う。

定番のIEは、out process serverなので、重い。
ExcelやWordなどOffice製品が入っていれば、MSFromsが使えます。
こちらは、in process serverなので軽い。

Sub PutText(Text)
Dim uf
Dim tb
Set uf=CreateObject("Forms.Form.1")
Set tb=uf.Controls.Add("Forms.TextBox.1").Object
tb.MultiLine=True
tb.Text=Text
tb.SelStart=0
tb.SelLength=tb.TextLength
tb.Copy
Set tb=Nothing
Set uf=Nothing
End Sub

Function GetText()
Dim uf
Dim tb
Set uf=CreateObject("Forms.Form.1")
Set tb=uf.Controls.Add("Forms.TextBox.1").Object
tb.MultiLine=True
If tb.CanPaste Then tb.Paste
GetText=tb.Text
Set tb=Nothing
Set uf=Nothing
End Function

« クリップボードをクリアする。 | トップページ | スクリプトからコンソールウィンドウの「すべて選択」「コピー」「貼り付け」 »