2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« PowerShell.exeで日本語なども通るSendKeysの1行バッチファイル | トップページ | PowerShellでWin32APIを使う。 »

2007年8月30日 (木)

PowerShell.exeでAppActivateする1行バッチファイル

WSHスクリプトは、スクリプトファイルがないと実行できませんが、PowerShellなら、コマンドラインや標準入力にスクリプトが書けます。
PowerShellをWSHスクリプトホストの代わりに使えば、1行バッチやインラインバッチが可能になります。

AppActivate.CMD "ウィンドウタイトル"

PowerShell.exe -command "$wShell=new-object -comobject wscript.shell;$wShell.AppActivate('%*')"

AppActivate.CMDでは、ウィンドウタイトルを""で囲みます。
もし、囲まないと、コンソールウィンドウのタイトルの末尾に付く、
- AppActivate.CMD ウィンドウタイトル
と後方一致するため、自身のコンソールウィンドウを誤爆します。

« PowerShell.exeで日本語なども通るSendKeysの1行バッチファイル | トップページ | PowerShellでWin32APIを使う。 »