2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 日本語なども通るSendKeys.exeを作る。 | トップページ | Doskeyのコマンド履歴にコマンドラインを事前設定する(その2) »

2007年8月 3日 (金)

バッチ、VBS、コンソールアプリの起動時にコマンドラインを編集する。

バッチファイル、VBSファイル、コンソールアプリなどを、
ダブルクリックや右クリックのコンテキストメニューから起動すると、
起動時に引数を与えられなかったり、
終了時にコンソールウィンドウが閉じて結果が見れなかったりして、
ほとんど役立たずです。

そこで、以下の.REGファイルを結合すると、
batfile/cmdfile/exefile/vbsfileに、
「コマンド プロンプトで開く(K)」で
「CMD.EXE /K,SendKeys.exe "%1" %*」などを関連付けます。

これにより、
起動時にコマンドラインを編集して引数を書き換えることができます。
終了時にコンソールウィンドウが開いたままで結果を見ることができます。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell\Open2]
@="コマンド プロンプトで開く(&K)"

[HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell\Open2\Command]
@="CMD.EXE /K,SendKeys.exe \"%1\" %*"

[HKEY_CLASSES_ROOT\cmdfile\shell\Open2]
@="コマンド プロンプトで開く(&K)"

[HKEY_CLASSES_ROOT\cmdfile\shell\Open2\Command]
@="CMD.EXE /K,SendKeys.exe \"%1\" %*"

[HKEY_CLASSES_ROOT\exefile\shell\Open2]
@="コマンド プロンプトで開く(&K)"

[HKEY_CLASSES_ROOT\exefile\shell\Open2\Command]
@="CMD.EXE /K,SendKeys.exe \"%1\" %*"

[HKEY_CLASSES_ROOT\vbsfile\shell\Open3]
@="コマンド プロンプトで開く(&K)"

[HKEY_CLASSES_ROOT\vbsfile\shell\Open3\Command]
@="CMD.EXE /K,SendKeys.exe CScript.exe \"%1\" %*"

コンソールアプリ版のSendKeys.exeを使用します。
SendKeys.exeをPATHに入れておくか、フルパスを指定します。

« 日本語なども通るSendKeys.exeを作る。 | トップページ | Doskeyのコマンド履歴にコマンドラインを事前設定する(その2) »