2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« PowerShellの.PS1ファイルをバッチファイル化する。(その4) | トップページ | パイプ前後の複文で、行末に余計な空白が付くトラブルを防止する。 »

2007年8月23日 (木)

Webページ上でバッチファイルの行末に余計な空白が付くのを防止する。

バッチファイルを掲示板などに書き込むと、行末に空白が余分に付いて、そのまま利用すると誤動作します。

例えば、以下を取り出して実行すると、空白が余分に付きます。
SET A=aaa
ECHO="%A%"

こういうときは、以下のようにするとよいでしょう。
(SET A=aaa)
(ECHO="%A%")

過去記事で、バッチファイルを利用する際は、行末の空白に注意し、削除してからご利用ください。

« PowerShellの.PS1ファイルをバッチファイル化する。(その4) | トップページ | パイプ前後の複文で、行末に余計な空白が付くトラブルを防止する。 »