2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« WinDiff.exeをテキスト閲覧に使う。 | トップページ | 標準入力をクリップボードに送るclip.exeを.NETで作る。 »

2007年8月14日 (火)

WinDiff.exeは「送る」で使う。

WinDiff.exeを「送る」に登録しておき、エクスプローラで、
ファイル2つ、または、フォルダ2つを選択して送れば、簡単です。

これが、もし、異なるフォルダの2ファイル/フォルダのときは?

以下のパッケージのWinDiffWithClipArg.VBSを「送る」に登録しておき、
エクスプローラで、一つ目を「コピー」、二つ目を「送る」。

WinDiffWithArg.VBS
異なるフォルダの2ファイル/フォルダをWinDiff.EXEに与えるVBScript
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/prog/se397594.html

« WinDiff.exeをテキスト閲覧に使う。 | トップページ | 標準入力をクリップボードに送るclip.exeを.NETで作る。 »