2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« バッチファイルやスクリプトからシフトキー類の押し下げ状態を調べる。(その2) | トップページ | VBAのSendKeysは日本語を通す? »

2007年11月23日 (金)

Excelファイルを含むフォルダをカレントディレクトリにして開く。

普通にExcelファイルを開くと、カレントディレクトリは固定の既定値になります。
これが面倒の元。省略値をそのExcelファイルを含むフォルダにしてくれ!つーの。

なので、関連付けを追加または変更しましょう。

方法1

commnandキー
"~\excel.exe" /p "%1\.." "%1"

ddeexecキーなし

方法2

ddeexecキー
[open("%1")][OPTIONS.GENERAL(,,,,,,,,,"%1\..")]

オプションの[既定のファイルの場所]を、そのExcelファイルを含むフォルダにします。

方法3

バッチファイルを作ってドロップする方法もあります。

excel.cmd Excelファイル

start excel.exe /p "%~dp1" "%~f1"

方法4

オプションの[既定のファイルの場所]を空にすると、起動時のカレントディレクトリになります。
エクスプローラから関連付けで起動すると、そのExcelファイルを含むフォルダになります。

« バッチファイルやスクリプトからシフトキー類の押し下げ状態を調べる。(その2) | トップページ | VBAのSendKeysは日本語を通す? »