« Excel VBAでミリ秒の時間を待つ。 | トップページ | ショートカットの「実行時の大きさ」を「非表示」にする。(その2) »

2007年11月 3日 (土)

ショートカットの「実行時の大きさ」を「非表示」にする。

バッチファイルで、ショートカットの「実行時の大きさ」を「非表示」に変更します。

非表示に変更.CMD ショートカット.lnk

@echo off
(
echo e 13c 0
echo w
echo q
)|debug %1

ところが、32ビットアプリと16ビットアプリの間のパイプラインは、
C:\Windows\Temp

scsXXXX.tmp
というパイプ代替の一時ファイルのゴミが残ります。(障害?)

command.com のパイプを使えば大丈夫なようです。

@command /c cmd /s /c"echo e 13c 0&echo w&echo q"^|debug %1

« Excel VBAでミリ秒の時間を待つ。 | トップページ | ショートカットの「実行時の大きさ」を「非表示」にする。(その2) »