2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« VBAからAdobe ReaderでPDFファイルを印刷する。(追記) | トップページ | Command.com用バッチファイルをJSファイルにラップする。 »

2007年11月11日 (日)

関連付けは非同期実行なので、連続処理に向かない。

ShellExecuteやInvokeVerbなどによる関連付け動詞の実行は、非同期です。

なので、連続実行すると、マルチインスタンスの場合、プロセスが大量に生成されてスローダウンしたり、
シングルインスタンスの場合、順序が逆転したり、多重処理に対応できず、処理要求抜けが生じたりします。

連続処理するときは、そろぞれのアプリごとに1ファイルの同期処理を作り、それを繰り返し呼び出すようにします。

« VBAからAdobe ReaderでPDFファイルを印刷する。(追記) | トップページ | Command.com用バッチファイルをJSファイルにラップする。 »