2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« PowerShellからExcelオブジェクトを使う。 | トップページ | バッチファイルからCOMオブジェクトや.NET、Win32APIを呼び出すコマンド »

2007年12月27日 (木)

コマンドラインからPowerShellの1行バッチでExcelオブジェクトを操作する。

Excelファイルを開くバッチファイルの例。

ExcelOpen.CMD Excelファイル

PowerShell.exe -command "$sc=new-object -com scriptcontrol;$sc.language='vbscript';$sc.timeout=-1;$sc.addcode('Set App=CreateObject('+[char]34+'Excel.Application'+[char]34+'):App.Visible=True:App.UserControl=True:App.AutomationSecurity=2:Set Book=App.WorkBooks.Open('+[char]34+'%~f1'+[char]34+'):');"

このように、PowerShellの1行バッチを使えば、別個のスクリプトファイルを作らずとも、バッチファイルだけで、オブジェクトが操作できます。:-)

« PowerShellからExcelオブジェクトを使う。 | トップページ | バッチファイルからCOMオブジェクトや.NET、Win32APIを呼び出すコマンド »