« 関連付けの起動コマンドラインを確認する | トップページ | リムーバブルへのショートカットを代替する(その2) »

2008年1月22日 (火)

リムーバブルへのショートカットを代替する

リムーバブルへのショートカットは、ドライブレターが変わると困るので、ボリュームラベル指定のVBSファイルで代替します。

ボリュームラベル
パス(ドライブ指定(x:)抜き、または、作業フォルダからの相対パス)
[引数...]
作業フォルダ(ルートフォルダ(x:\)抜き)
の4箇所を書き換えて使用します。

リムーバブルへのショートカット.VBS

VolumeName="ボリュームラベル"
Set Shell=CreateObject("Shell.Application")
For Each FolderItem In Shell.NameSpace(17).Items()
  If FolderItem.ExtendedProperty("FileSystem")<>"" Then
    Name=FolderItem.Name
    If Left(Name,Len(Name)-5)=VolumeName Then Exit For
  End If
Next
If IsEmpty(FolderItem) Then
  MsgBox VolumeName & " がありません。"
Else
  Shell.ShellExecute "パス","[引数...]",FolderItem.Path & "作業フォルダ"
  WScript.Sleep 5000
End If

(注) ショートカットの場合は、自動追跡でターゲットは補正されても、作業フォルダが補正されません。:-(

« 関連付けの起動コマンドラインを確認する | トップページ | リムーバブルへのショートカットを代替する(その2) »