2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« フォームを送信して戻るとフォームの入力データが消える問題を回避する。(その2) | トップページ | VBAでZIP展開する。 »

2008年6月11日 (水)

フォームの入力データなどが入った、そのとき実行中のソースを表示する。

フォームにデータを入力して、後で見るために、「ソースの表示」や「名前を付けて保存」をしても、取れるのはオリジナルソースで、入力データなどはありません。

そこで、IEのコンテクストメニューを拡張して、新しいウィンドウを作成し、そのとき実行中のソースをテキストとして書き込みます。

フォームの送信前に、ページ上で右クリックして、コンテキストメニューから、「実行中のソースを表示(Z)」を選択します。

ViewHTML.htm

<script language=vbscript defer>
set win=window.open("about:blank","_blank")
set doc=win.document.open("text/plain")
doc.write external.menuArguments.top.document.documentElement.outerHTML
doc.close
doc.charset=external.menuArguments.top.document.charset
doc.title=external.menuArguments.top.document.title & ".txt"
</script>

ViewHTML.reg

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\実行中のソースを表示(&Z)]
@="C:\\どこか\\ViewHTML.htm"

このソースを表示するウィンドウで「ソースの表示」や「名前を付けて保存」すると、フォームの入力データなどが入ったソースをファイルに取り出せます。

« フォームを送信して戻るとフォームの入力データが消える問題を回避する。(その2) | トップページ | VBAでZIP展開する。 »