2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« スクリプトから.NETのSystem.Text.StringBuilderを使う。(その2) | トップページ | バッチファイルで、改行をエスケープすると継続行の行頭文字もエスケープされる。 »

2008年7月27日 (日)

IEのuserAgent文字列が肥大化する。

.NET Frameworkも、たくさんのバージョンができて、IEのuserAgent文字列がどんどん長くなります。

先日、.NET Frameworkのバージョンをインストールしたら、突然、特定のWebサーバにアクセスできなくなりました。

そんなときは、アドレスバーに、

javascript:alert(navigator.userAgent)

を入れて、IEのuserAgent文字列を確認しましょう。

おーっ、長いですね。

これらの文字列は、以下のレジストリにあります。削除しちゃいましょう。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\5.0\User Agent\Post Platform]
".NET CLR 1.0.3705"=""
".NET CLR 2.0.50727"=""
".NET CLR 1.1.4322"=""
".NET CLR 3.0.04506.30"=""
".NET CLR 3.0.04506.648"=""
".NET CLR 3.5.21022"=""

« スクリプトから.NETのSystem.Text.StringBuilderを使う。(その2) | トップページ | バッチファイルで、改行をエスケープすると継続行の行頭文字もエスケープされる。 »