2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月29日 (月)

バッチファイルの文字コードをEBCDIC-Katakanaにしてみる。

これでバッチファイルのコードが素人目には隠蔽できるかも。

HOGE.CMD
---
chcp 20290
fdiw@≠ヤ%
---

バッチファイル(cmd.exeとchcp.com)でEBCDIC-Katakanaの変換

全角文字が使えないので、あまり使い道があると思えませんが、一応は可能です。

EBCDIC-Katakana.cmd Unicodeファイル EBCDIC-Katakanaファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 20290 ^& cmd /c type %1 ^>%2

xEBCDIC-Katakana.cmd EBCDIC-Katakanaファイル Unicodeファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 20290 ^& ^( set /p x=""^<nul ^& cmd /u /c type %1 ^) ^>%2

2008年12月26日 (金)

バッチファイルの文字コードをEUC-JPにしてみる。

あまり実用的とは思えませんが、どうしても、EUC-JPでバッチファイルを書いて実行してみたい、という物好きな人は、

まず、以下のようなサンプルバッチファイルを作ります。

HOGE.CMD
---
echo 、「、、、ヲ、ィ、ェ
、「、、、ヲ、ィ、ェ.cmd
---

あいうえお.cmd
---
echo abc
---

最初に、コンソールのプロパティでフォントをMSゴシックに変えます。
必ず、その後で、コードページをEUC-JPに変えます。

chcp 20932

サンプルバッチファイルを実行します。

HOGE.CMD

必要なら、コードページをシフトJISに戻します。

chcp 932

2008年12月25日 (木)

バッチファイルの文字コードは?

シフトJIS(932) だけ? いいえ、そんなことはありません。例えば、EUC-JP(20932) も可能です。しかし、Unicode(1200)、UTF-7(65000)、UTF-8(65001)、JIS(50220) はダメです。
なので、実際上?は、シフトJIS(932) だけのようなものです。

これらコードページのバッチファイル可否は、%SystemRoot%System32\C_コードページ.NLS の有無によるようです。

もし、コンソールのコードページを UTF-7(65000)、UTF-8(65001)、JIS(50220)に変えると、バッチファイルが全く実行できなくなります。

また、これらのコードページでは、単にバッチファイルが実行できなくなるだけでなく、TYPE コマンドを除いて、ファイルの読み書きが全くできなくなるようです。

これはたぶん、ファイルの読み書きでは、C_コードページ.NLS を使用した文字コード変換が行なわれているせいなのでしょう。

逆に、UTF-7(65000)、UTF-8(65001)、JIS(50220) の C_コードページ.NLS を作ってやれば、それらのバッチファイルも可能になるかも知れません。

2008年12月23日 (火)

cmd.exeとchcp.comだけで、文字コード(Unicode、UTF-8、UTF-7、JIS、EUC-JP、SJIS)を変換する!

Unicode、UTF-8、UTF-7、JIS、EUC-JP、SJISなどの文字コードがcmd.exeとchcp.comだけで変換できます。

Unicode → 各種文字コード

UTF-7.cmd Unicodeファイル UTF-7ファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 65000 ^& cmd /c type %1 ^>%2

UTF-8.cmd Unicodeファイル UTF-8ファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 65001 ^& cmd /c type %1 ^>%2

JIS.cmd Unicodeファイル JISファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 50220 ^& cmd /c type %1 ^>%2

EUC-JP.cmd Unicodeファイル EUC-JPファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 20932 ^& cmd /c type %1 ^>%2

SJIS.cmd Unicodeファイル SJISファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 932 ^& cmd /c type %1 ^>%2

または、コードページが932なら、

type %1 >%2

各種文字コード → Unicode

以下のバッチファイルは、コードページ932専用です。
コードページ932以外で使用する場合は、以下を1行目に入れます。
for /f "delims=: tokens=2" %%i in ('chcp') do if not "%%i"==" 932" start /min /wait cmd /c chcp.com 932 ^& %0 %* & goto :eof

xUTF7.cmd UTF-7ファイル Unicodeファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 65000 ^& ^( set /p x=""^<nul ^& cmd /u /c type %1 ^) ^>%2

xUTF8.cmd UTF-8ファイル Unicodeファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 65001 ^& ^( set /p x=""^<nul ^& cmd /u /c type %1 ^) ^>%2

xJIS.cmd JISファイル Unicodeファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 50220 ^& ^( set /p x=""^<nul ^& cmd /u /c type %1 ^) ^>%2

xEUC-JP.cmd EUC-JPファイル Unicodeファイル

start /min /wait cmd /c chcp.com 20932 ^& ^( set /p x=""^<nul ^& cmd /u /c type %1 ^) ^>%2

xSJIS.cmd SJISファイル Unicodeファイル

( set /p x=""<nul & cmd /u /c type %1 ) >%2

2008年12月22日 (月)

ショートカットのホットキーで多重に起動する。

ショートカットのホットキーは多重に起動できません。
しかし、インターネットショートカットのホットキーは多重に起動できます。
なので、多重に起動したいときは、ショートカットをインターネットショートカットに変えるとよいでしょう。

どうも、ショートカットのホットキーは、終了同期しているようです。

そこで、ショートカットのリンク先の先頭に、
rundll32 shell32,ShellExec_RunDLL 元のリンク先
を付けてもよいでしょう。

rundll32は元のリンク先を起動してすぐに終了するみたいなので。

2008年12月19日 (金)

バッチファイルで、カレントディレクトリを長いファイル名から短いファイル名に変更する。

CD2SFN.CMD

@ECHO OFF
FOR %%0 IN ("%CD%") DO FOR %%1 IN ("%%~dps0%%~nx0") DO CD %%~s1

2008年12月18日 (木)

バッチファイルで、カレントディレクトリを短いファイル名から長いファイル名に変更する。

CD2LFN.CMD

@ECHO OFF
SETLOCAL
CALL :GetLongFileName "%CD%"
(
ENDLOCAL
CD %LFN%
)
GOTO :EOF
:GetLongFileName
IF "%~p1"=="\" (SET LFN=%~d1) ELSE CALL :GetLongFileName "%~dp1."
FOR /F "delims=" %%1 IN ('ATTRIB "%LFN%\%~nx1"') DO SET LFN=%%1
SET LFN=%LFN:~11%

2008年12月17日 (水)

バッチファイルで、長いファイル名から短いファイル名に変換する。

GetShortFileName.CMD 長いファイル/パス名

@ECHO OFF
IF NOT EXIST "%~1" (
ECHO ファイルが見つかりません - %1
GOTO :EOF
)
FOR %%1 IN ("%~dps1%~nx1") DO ECHO %%~s1

2008年12月16日 (火)

バッチファイルで、短いファイル名から長いファイル名に変換する。

GetLongFileName.CMD 短いファイル/パス名

@ECHO OFF
SETLOCAL
IF NOT EXIST "%~1" (
ECHO ファイルが見つかりません - %1
GOTO :EOF
)
CALL :GetLongFileName %1
ECHO %LFN%
GOTO :EOF
:GetLongFileName
IF "%~p1"=="\" (SET LFN=%~d1) ELSE CALL :GetLongFileName "%~dp1."
FOR /F "delims=" %%1 IN ('ATTRIB "%LFN%\%~nx1"') DO SET LFN=%%1
SET LFN=%LFN:~11%

2008年12月11日 (木)

Windows XPでも「パスとしてコピー」(その2)

実用性は?ですが、原理が単純で、面白いので一度お試しあれ。:-)

[HKEY_CLASSES_ROOT\AllFilesystemObjects\Shell\パス名リストを作成\Command]
@="cmd /c echo \"%1\">>パス名リスト.txt"

フォルダでファイルなどを選択した後に、右クリックメニューから「パス名リストを作成」を実行します。
コンソールウィンドウが繰り返し開くのはご愛嬌です。:-p
そのフォルダにパス名リストを含む「パス名リスト.txt」が作成されます。

2008年12月10日 (水)

Windows XPでも「パスとしてコピー」

Windows Vistaには「パスとしてコピー」がありますが、Windows 2000やWindows XPにはありません。

そこで、以下のショートカットを作成して、「リンク」フォルダに入れます。

パスとしてコピー.lnk

mshta.exe "javascript:var i=new ActiveXObject('Shell.Application').Windows().Item().Document.SelectedItems();var a=new Array();for(var k=0;k<i.Count;k++){a[k]='"'+i.Item(k).Path+'"';}clipboardData.setData('text',a.join('\r\n'));close();"

フォルダでファイルなどを選択した後に、「リンク」から「パスとしてコピー」を実行します。

SendToフォルダにスクリプトなどを入れて「送る」場合は、引数の最大長の制限で、多数のファイルは送れません
しかし、ここでのやり方は、引数を使わないので、無制限に多数のファイルのパスをコピーできます。

※new ActiveXObject('Shell.Application').Windows().Item()の非互換でVista以降では使えません。

2008年12月 9日 (火)

Vistaではショートカットへのドロップが使えない!

KB938129 - Windows Vista で 複数のファイルをアプリケーションのショートカットにドラッグ アンド ドロップすると起動に失敗することがある
http://support.microsoft.com/kb/938129/ja

これは、MS-DOS時代のコマンドラインの引数長127バイトの悪夢の再来だ。

Windows 2000/XPでは、コマンドライン長が2047/8191文字に拡張されて、あまり気にすることなく使えた。

XPでは、ショートカットに書けるコマンドライン長は260文字に制限されたが、ドロップで追加される引数はその別枠で、すべてを含めて8191文字に制限される。

しかし、Vistaでは、ショートカットのコマンドライン長が、ドロップで追加される引数も含めて、260文字に制限された。

これじゃ、ショートカットへのドロップは、まともに使えない。2、3個で駄目になる。最悪1個でも駄目になる。

Vistaでは、ドロップを使うときは、ショートカットをやめて、バッチファイルやスクリプトにでもするのだろうか?

2008年12月 5日 (金)

バッチファイルで、文字化けファイル名を補正する。

ファイル名の中ににシフトJIS以外の文字があれば、_にリネームします。

yFileName.cmd ファイルセット...

@echo off
setlocal
for %%1 in (%*) do for /f "delims=" %%2 in ('echo %%1') do (
if not "%%~nx1"=="%%~nx2" (
echo %%1
echo %%2
set name="%%~nx2"
call rename "%%~1" %%name:?=_%%
)
)

2008年12月 3日 (水)

正規表現での改行文字の罠

Windows OSでのテキストファイルの改行文字は\r\nです。
一方、正規表現の改行文字は\nです。
なので、正規表現でテキストファイルを見ると、行末に\rがあります。
つまり、.*には、末尾に\rが付きます。
このようなトラブルを回避するには、先に\rを除去しておくとよいでしょう。
あるいは、.の代わりに[^\r\n]を使うとよいでしょう。

set re=new regexp
re.multiline=true

re.pattern=".+$"
set matches=re.execute("a" & vbcrlf & "b")
msgbox escape(matches(0).value),,"NG"

re.pattern="[^\r\n]+$"
set matches=re.execute("a" & vbcrlf & "b")
msgbox escape(matches(0).value),,"OK"


以前は、$は\nの直前にしかマッチせず、
| 行末hogeはhoge$に掛かりません。
| $の代わりに\r?$を使うとよいでしょう。
でしたが、\rの直前にもマッチするよう修正されたようです。

2008年12月 2日 (火)

ひとつのショートカットで複数のアプリを起動するには?

一般には、バッチファイルやスクリプトを作って、そのショートカットを作ることが行われていますが、ショートカットだけで十分です。

「リンク先」に、

cmd.exe /c start "" "アプリ1" & start "" "アプリ2"

「実行時の大きさ」は「最小化」にしておきます。

2008年12月 1日 (月)

ファイルをドロップするとパス名や内容をクリップボードに送るショートカット

複数ファイルのパス名を改行区切りでクリップボードに送ります。

cmd.exe /c for /l %n in (1,1,2) do if %n==2 ((for %q in (%x%) do @echo %q)|MSHTA.EXE "javascript:clipboardData.setData('text',new ActiveXObject('Scripting.FileSystemObject').GetStandardStream(0).ReadAll());close();") else set x=

複数ファイルのパス名を空白区切りでクリップボードに送ります。

cmd.exe /c for /l %n in (1,1,2) do if %n==2 (echo %x%|MSHTA.EXE "javascript:clipboardData.setData('text',new ActiveXObject('Scripting.FileSystemObject').GetStandardStream(0).ReadAll());close();") else set x=
または、
cmd.exe /c for /l %n in (1,1,2) do if %n==2 (MSHTA.EXE "javascript:clipboardData.setData('text',new ActiveXObject('WScript.Shell').ExpandEnvironmentStrings('%x%'));close();") else set x=

テキストファイルの内容をクリップボードに送ります。

cmd.exe /c for /l %n in (1,1,2) do if %n==2 ((for %q in (%x%) do @type %q)|MSHTA.EXE "javascript:clipboardData.setData('text',new ActiveXObject('Scripting.FileSystemObject').GetStandardStream(0).ReadAll());close();") else set x=

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »