2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« バッチファイルで英大文字チェック | トップページ | forコマンドの憂鬱。ファイルセットのリカージョン »

2009年5月14日 (木)

フォルダの表示モードを切り替える。

フォルダの表示モードを[写真]→[縮小版]→[並べて表示]→[アイコン]→[一覧]→[詳細]の順に切り替えます。

ToggleViewMode.vbs を「リンク」などに入れて使います。

Set ie=CreateObject("Shell.Application").Windows().Item()
ie.Document.CurrentViewMode=Array(5,3,2,4,7,6,1)(CLng(ie.Document.CurrentViewMode) Mod 7)

あるいは、以下のショートカットファイルをデスクトップなどに作成し、ショートカットキーを割り当てて使います。

mshta vbscript:execute("Set ie=CreateObject(""Shell.Application"").Windows().Item():ie.Document.CurrentViewMode=Array(5,3,2,4,7,6,1)(CLng(ie.Document.CurrentViewMode) Mod 7):close")

※ .Windows().Item()は、XPまではアクティブシェル、Vista以降はデスクトップシェル。

« バッチファイルで英大文字チェック | トップページ | forコマンドの憂鬱。ファイルセットのリカージョン »