« バッチファイルから「ファイルを開く」ダイアログを使う。 | トップページ | メモ帳やIEなどのアプリを関連付けで開くとき、常に最大化や最小化で開く。 »

2009年6月 2日 (火)

バッチファイルからMsgBox()を使う。

バッチファイルの場合は、mshta.exeが便利です。

for /f "delims=" %%I in ('start /min /b /wait MSHTA.EXE vbscript:Execute("CreateObject(""Scripting.FileSystemObject"").GetStandardStream(1).Write MsgBox(""text"",1,""title""):close"^)') do echo %%I

for /f in (' ')の中では、) は " か ^ でエスケープする必要があります。
('" "')でエスケープすることもできますが、もし、中で " を使っていると、エスケープ範囲が逆転してします。

もし、start /min /b /wait がないと、HTAウィンドウが一瞬開きます。
目立たないように、resizeTo 0,0 としても、タイトルバーが見えてしまいます。

« バッチファイルから「ファイルを開く」ダイアログを使う。 | トップページ | メモ帳やIEなどのアプリを関連付けで開くとき、常に最大化や最小化で開く。 »