« Vistaの「コマンド ウィンドウをここで開く」をシフトキー抜きに変える。 | トップページ | Vistaではショートカットへのドロップが使えない!が修正された。 »

2009年7月16日 (木)

Vistaで、任意のフォルダやファイルをインターネットゾーンにする。

XPでは、「shell:cache」以下のフォルダやファイルだけがインターネットゾーンになりました。

Vistaでは、任意のフォルダやファイルをインターネットゾーンにできます。

「お気に入り」以下のフォルダで、ファイルやフォルダを作成するとインターネットゾーンになります。それを他の場所へ移動しても変わりません。

この属性は、フォルダやvbsファイルの場合は、移動では消えませんが、コピーでは消えます。

この属性の有無は、ファイルの場合、プロパティでは分かりません。フォルダの場合、エクスプローラのステータスバーでは分かりません。そのフォルダに新規作成で、テキストファイルを作って、拡張子をvbsに変えて、起動してみれば分かります。「開いているファイル - セキュリティの警告」でブロックされます。あるいは、拡張子をhtmに変えて、開いてみれば、IEのステータスバーで分かります。


これは、アクセス制御の「整合性レベル:低」という属性です。

表示は、

icacls フォルダorファイル

 Mandatory Label\Low Mandatory Level:(I)(NW)

設定は、

icacls フォルダ /setintegritylevel (OI)(CI)low

icacls ファイル /setintegritylevel low

解除は、?

« Vistaの「コマンド ウィンドウをここで開く」をシフトキー抜きに変える。 | トップページ | Vistaではショートカットへのドロップが使えない!が修正された。 »