« Vista以降で、現在または最後にアクティブなシェルを捕捉する。 | トップページ | IE7/IE8で、現在または最後にアクティブなIEを捕捉する。 »

2009年8月 3日 (月)

Vista+IE8(IE7?)で、制限付きサイトゾーンのフォルダが使える。

以前(XP+IE6)から、shell:cookiesフォルダは、制限付きサイトゾーンで、ここに作ったフォルダやファイルも制限付きサイトゾーンになりましたが、残念なことに、クッキーの削除で消されてしまいました。
なので、あまり実用にならなかったのですが、Vista+IE8(IE7?)では、消されなくなりました。
これで、shell:cacheのインターネットゾーンのフォルダと同様に使えます。

エクスプローラで、shell:cookies を開いて、新しいフォルダを作成し、そのショートカットをお気に入りリンクやデスクトップに入れて使います。

shell:cacheの場合は、エクスプローラで、shell:cache\content.ie5 を開いて、そこでコマンドプロンプトを開き、
md ..\新しいフォルダ名
で、親フォルダに新しいフォルダを作ります。
エクスプローラで、shell:cache\新しいフォルダ名 を開いて、アドレスバーのアイコンをお気に入りリンクやデスクトップにドラッグ&ドロップしてショートカットを作成して使います。

« Vista以降で、現在または最後にアクティブなシェルを捕捉する。 | トップページ | IE7/IE8で、現在または最後にアクティブなIEを捕捉する。 »