2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« Vistaでは、IEのキャッシュフォルダ(Temporary Internet Files)で「保護モード:有効」のコンテンツが見えない。 | トップページ | IE7/IE8のWinINet関数のANSI版(~A)では、シフトJISではなく、UTF-8を使う。 »

2009年10月 6日 (火)

Vistaで、IEのキャッシュフォルダ(Temporary Internet Files)の実フォルダを開く。

IEのキャッシュフォルダ(shell:cache)は仮想フォルダで、なぜか実在するキャッシュファイルの一部しか見えません。
ならば。キャッシュフォルダの実フォルダを開こうとしても、shell:cache\Content.IE5の複数のサブフォルダに分かれています。
なので、エクスプローラでshell:cache\Content.IE5を開いても、サブフォルダが見えるだけです。
※フォルダオプション、「表示」で「すべてのファイルとフォルダを表示する」になってること。
そこで、「高度な検索」で、
「場所」「検索先の選択」に、shell:cache\Content.IE5 を入れて、
「インデックスのないファイル、...」をチェックし、
「名前」を空のままエンターします。
この検索条件を保存すると、検索フォルダができます。
ただし、これで見えるのは、「保護モード:無効」のコンテンツだけです。

Vistaでは、「保護モード:有効」のコンテンツは、shell:cache\Low\Content.IE5 にあります。
なので、同様に、shell:cache\Low\Content.IE5の検索フォルダを作ります。
あるいは、「検索先の選択」に、shell:cache\Content.IE5 と shell:cache\Low\Content.IE5 の両方を入れた検索フォルダを作ります。

※ IE8で、「保護モード:無効」の実フォルダが、shell:cache\Content.IE5 から "%temp%\Temporary Internet Files\Content.IE5" へ変わったようです。

« Vistaでは、IEのキャッシュフォルダ(Temporary Internet Files)で「保護モード:有効」のコンテンツが見えない。 | トップページ | IE7/IE8のWinINet関数のANSI版(~A)では、シフトJISではなく、UTF-8を使う。 »