2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« dirコマンドで更新日時の秒まで表示する。 | トップページ | タスクスケジューラで、リモートshellもどきの疑似的な対話処理を行う。 »

2010年1月18日 (月)

リモートshellもどき実験

同じカレントディレクトリで2つのコマンドプロンプトを開き、

サーバ側で、

call >0
tail -f 0|cmd 1>1 2>2

クライアント側で、

start /b tail -f 1
start /b tail -f 2
copy /y con 0

ここでコマンドを入力すると、サーバ側で実行されて、結果がクライアント側に表示されます。

終了は、
exitでサーバのcmdを止める。
exitのエコーを確認したら何か入力してサーバのtailを止める。
^Zでcopyを閉じる。
^breakでtailの2つを止める。

« dirコマンドで更新日時の秒まで表示する。 | トップページ | タスクスケジューラで、リモートshellもどきの疑似的な対話処理を行う。 »