« スクリプトでスリープを抑止する。 | トップページ | ショートカットに相対パスを指定する。(その2) »

2010年3月11日 (木)

スクリプトでスリープを抑止する。(その2)

もちろん、SetThreadExecutionState()関数を使う方法もあります。

SetThreadExecutionState.vbs

Set Excel=CreateObject("Excel.Application")
'Const ES_SYSTEM_REQUIRED=1
'Const ES_DISPLAY_REQUIRED=2
'Const ES_CONTINUOUS=-2147483648
MsgBox Hex(Excel.ExecuteExcel4Macro("CALL(""kernel32"",""SetThreadExecutionState"",""JJ"",-2147483647)")),,"Sleep抑止中(システム)"
'MsgBox Hex(Excel.ExecuteExcel4Macro("CALL(""kernel32"",""SetThreadExecutionState"",""JJ"",-2147483646)")),,"Sleep抑止中(モニター)"
'MsgBox Hex(Excel.ExecuteExcel4Macro("CALL(""kernel32"",""SetThreadExecutionState"",""JJ"",-2147483648)")),,"Sleep抑止解除"

« スクリプトでスリープを抑止する。 | トップページ | ショートカットに相対パスを指定する。(その2) »