2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« IEからMicrosoft Office Document image Writerに印刷出力したTIFファイルが見つからない。 | トップページ | 整合性レベルを表示する。 »

2010年4月 7日 (水)

IEの「保護モード:有効」のキャッシュフォルダだけを見る。

explorer.exeを普通に起動すると、IEの「保護モード:無効」のキャッシュフォルダだけが見えます。

explorer.exeを「整合性レベル:低」で起動すると、IEの「保護モード:有効」のキャッシュフォルダだけが見れますが、それにはいろいろと準備が必要です。

IE8でインターネットゾーンを開いて、「ファイル」「開く」「参照」で「shell:cache」を見ると、IEの「保護モード:有効」のキャッシュフォルダだけが準備なしで見れます。※ IE9では使えない。

あるいは、以下のhtmファイルを開き、「参照」ボタンを押して、「shell:cache」を開きます。
low.htm
<!-- saved from url=(0014)about:internet -->
<input type=file>

もし、スクリプト有効 かつ 保護モード有効のセキュリティゾーンがあれば、そのサイトを開いて、アドレスバーに
javascript:"<input type=file>"
と入れても同じです。

ここで関連付けの操作を行うと「Internet Explorer セキュリティ」ダイアログが出ます。

« IEからMicrosoft Office Document image Writerに印刷出力したTIFファイルが見つからない。 | トップページ | 整合性レベルを表示する。 »