2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IEから印刷出力したXPSファイルがXPS Viewerで表示できない。 | トップページ | IEの「保護モード:有効」のキャッシュフォルダだけを見る。 »

2010年4月 6日 (火)

IEからMicrosoft Office Document image Writerに印刷出力したTIFファイルが見つからない。

再度印刷すると、同じ場所に存在するのに、エクスプローラなどで見ると見つからない。

結局、原因は、インターネットゾーンの「保護モード:有効」のWebページだったので、TIFファイルがVirtualizedフォルダに作成されてました。

デスクトップなら、
C:\Users\%username%\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Virtualized\C\Users\%username%\Desktop

Virtualizedフォルダへのショートカットを作っておくと便利かもです。
リンク先:
"C:\Users\%username%\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Virtualized\C\Users\%username%\Desktop"

Virtualizedフォルダを統合して見るには、IEでインターネットゾーンを開いて、「ファイル」「開く」「参照」で見るとよいでしょう。
ファイル名に*を入れるか、種類ですべてのファイルを選択します。

あるいは、以下のhtmファイルを開き、「参照」ボタンを押します。
low.htm
<!-- saved from url=(0014)about:internet -->
<input type=file>

Virtualizedフォルダのパスは以下のように短縮できます。

shell:cache\Virtualized\「元のパスからドライブの:を抜く」

参照先 「保護モードの Internet Explorer の理解と機能」
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb250462(v=vs.85).aspx

« IEから印刷出力したXPSファイルがXPS Viewerで表示できない。 | トップページ | IEの「保護モード:有効」のキャッシュフォルダだけを見る。 »