2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« フォルダの詳細表示を印刷する。保存する。 | トップページ | powershellから外部アプリへのパイプの文字コード »

2010年5月21日 (金)

フォルダの詳細表示を印刷する。保存する。(その2)

KB321379 Windows XP のフォルダにディレクトリの印刷機能を追加する方法

これは、バッチファイルなので、コンソールが開き、さらに、一時ファイルも作ります。:-(

もっとスマートに、バッチファイルを作らず、コンソールを開かず、一時ファイルも使わないでできないものでしょうか?

directoryやdirectory\backgroundに関連付けるには、

mshta.exe vbscript:space(createobject("wscript.shell").run("cmd /c dir ""%1""|clip",0,True))+"<textarea style='width:100%;height:100%;'>"+vbcrlf+clipboarddata.getdata("text")+"</textarea>"

※directory\backgroundのときは%V

ショートカットのリンク先には、

cmd.exe /c for /l %n in (1,1,2) do if %n==2 (dir %x%|start /b mshta.exe vbscript:"<textarea style='width:100%;height:100%;'>"+vbcrlf+createobject("scripting.filesystemobject"^).getstandardstream(0^).readall+"</textarea>") else set x=

ショートカットの実行時の大きさは最小化にします。

一時ファイルの代わりに、前者はクリップボード、後者はパイプを利用します。

印刷は、(^P)または右クリック「印刷」。
保存は、右クリック「ソースの表示」から「名前を付けて保存」。拡張子は.htmに変える。

« フォルダの詳細表示を印刷する。保存する。 | トップページ | powershellから外部アプリへのパイプの文字コード »