2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« IEのキャッシュフォルダ(shell:cache)の実フォルダをエクスプローラで開く。 | トップページ | Microsoft Answers スレッド中の記事へ位置付けるURL »

2010年9月24日 (金)

IEの「アップロードするファイルの選択」ダイアログのサイズ、フォルダの記憶

<input type=file>の「アップロードするファイルの選択」ダイアログのサイズ、フォルダは、保護モード無効のページでは記憶されますが、保護モード有効のページでは記憶されません。毎回既定値に戻ります。

なので、既定の設定では、保護モード有効のインターネットゾーンでは記憶されず、保護モード無効の信頼済みサイトでは記憶されます。

当該情報はレジストリに記憶されますが、保護モード有効の整合性レベル低のプロセスから書きこめないからです。

保護モードを無効にしたり、信頼済みサイトに登録したりすれば、一応回避できますが、セキュリティが。。。。

そこで、フォルダの記憶に関しては、以下の.htmファイルを作って、

「アップロードするファイルの選択」ダイアログのフォルダの記憶.htm

<input type=file>

これを開き、参照ボタンを押して「アップロードするファイルの選択」ダイアログを出します。

保護モード有効側の「アップロードするファイルの選択」ダイアログのアドレスバーから、記憶したいフォルダパスをコピーして、こっちのアドレスバーに入れて、フォルダペインを開き、ダイアログを閉じます。
これで、アドレスバーの履歴に残ります。このアドレスバーの履歴は保護モード有効側でも利用できます。

« IEのキャッシュフォルダ(shell:cache)の実フォルダをエクスプローラで開く。 | トップページ | Microsoft Answers スレッド中の記事へ位置付けるURL »