2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ファイルを送って、整合性レベルを低に変える。 | トップページ | IEの「アップロードするファイルの選択」ダイアログのサイズ、フォルダの記憶 »

2010年9月23日 (木)

IEのキャッシュフォルダ(shell:cache)の実フォルダをエクスプローラで開く。

IEのキャッシュフォルダ(Temporary Internet Files)をエクスプローラで開くと、仮想フォルダになります。
実フォルダを見るには、コマンドプロンプトのdirコマンドで見るか、他ユーザからエクスプローラで見るしか方法はありません。

もうひとつ方法があります。コマンドプロンプトで、キャッシュフォルダに仮想ドライブを割り当てます。

subst ドライブ文字: "キャッシュフォルダのフルパス"
例えば、
subst t: "%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files"

エクスプローラでそのドライブを開きます。

見終わったら、ドライブの割り当てを解除します。

subst ドライブ文字: /d

« ファイルを送って、整合性レベルを低に変える。 | トップページ | IEの「アップロードするファイルの選択」ダイアログのサイズ、フォルダの記憶 »