« フォルダを複数カラム、複数キーでソートする。 | トップページ | デスクトップのアイコンを更新日時の昇順にソートする。 »

2010年10月27日 (水)

IE8で「名前を付けて画像を保存する」フォルダが記憶されない。(その2)

「画像の保存」ダイアログのフォルダは、保護モード無効のページでは記憶されますが、保護モード有効のページでは記憶されません。毎回既定値に戻ります。

なので、既定の設定では、保護モード有効のインターネットゾーンでは記憶されず、保護モード無効の信頼済みサイトでは記憶されます。

当該情報はレジストリに記憶されますが、保護モード有効の整合性レベル低のプロセスから書きこめないからです。

保護モードを無効にしたり、信頼済みサイトに登録したりすれば、一応回避できますが、セキュリティが。。。。

そこで、フォルダの記憶に関しては、以下の.htmファイルを作って、

「画像の保存」ダイアログのフォルダの記憶.htm

<img src="res://ieframe.dll/info_48.png">

これを開き、右クリックして「画像の保存」ダイアログを出します。

保護モード有効側の「画像の保存」ダイアログのアドレスバーから、記憶したいフォルダパスをコピーして、こっちのアドレスバーに入れて、フォルダペインを開き、ダイアログを閉じます。
これで、アドレスバーの履歴に残ります。このアドレスバーの履歴は保護モード有効側でも利用できます。

« フォルダを複数カラム、複数キーでソートする。 | トップページ | デスクトップのアイコンを更新日時の昇順にソートする。 »