« ディレクトリのコメントやタグを desktop.ini に書く。 | トップページ | フォルダを複数カラム、複数キーでソートする。 »

2010年10月25日 (月)

概要(Summary Information)をインターネットショートカット(.url)に書く。(その3)

メモ帳で作成、変更するとき、日本語はそのままでは表示されません。

[{F29F85E0-4FF9-1068-AB91-08002B27B3D9}.A]
Prop6=31,System.Commentコメント

は、

[{F29F85E0-4FF9-1068-AB91-08002B27B3D9}]
Prop6=31,System.Commentコメント

と同じで済みますが、

[{F29F85E0-4FF9-1068-AB91-08002B27B3D9}.W]
Prop6=31,System.Comment+MLMw4TDzMMg-

は、UTF-7なのでちょっと面倒です。なので、

[{F29F85E0-4FF9-1068-AB91-08002B27B3D9}]
Prop6=31,System.Commentコメント

だけにして、Unicodeで保存するとよいでしょう。

あるいは、シフトJISで、

Prop6=31,System.Commentコメント

の代わりに、

Prop6=4127,System.Commentコメント

で代用してもよいようです。

本来、4127(=4096+31)は複数の文字列で、System.Keywords タグやSystem.Author 作成者で、

Prop5=4127,文字列1; 文字列2; ...

のように使われますが、31と違って日本語が表示されます。

また、インターネットショートカット(.url)をメモ帳などで変更しても、エクスプローラやIEのプロセス内のメモリにキャッシュされているため、エクスプローラの表示や動作には反映されません。

他のインターネットショートカット(.url)のプロパティでOKするか、当該インターネットショートカット(.url)のファイル名を変更すると反映されます。

WScript.ShellやShell.Applicationで任意のインターネットショートカット(.url)のオブジェクトをSaveしても反映されます。

« ディレクトリのコメントやタグを desktop.ini に書く。 | トップページ | フォルダを複数カラム、複数キーでソートする。 »