2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« バッチファイルや関連付けでフォルダの詳細表示相当+フォルダサイズを保存印刷する。 | トップページ | IE8の履歴の在処 »

2010年12月21日 (火)

バッチファイルや関連付けでフォルダの詳細表示を保存印刷する。

Shell.Applicationを使えば、エクスプローラと同じ情報が得られます。

バッチファイルにフォルダをドロップします。あるいはバッチファイルをSendToフォルダに入れておいて、フォルダを送ります。

ps-shell-ie.cmd フォルダパス

powershell.exe "$ie=new-object -com internetexplorer.application;$ie.visible=$true;$ie.toolbar=$false;$ie.navigate('about:blank');$html=((new-object -com shell.application).namespace('%~1').items()|convertto-html -title '$%~1' -property Name,Size,ModifyDate,Type|out-string);try{$ie.document.write($html)}catch{$ie.document.IHTMLDocument2_write($html)}"
 
ファイルフォルダのコンテキストメニューに関連付け

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\ps-shell-ie\command]
@="C:\\Windows\\System32\\WindowsPowerShell\\v1.0\\powershell.exe \"$ie=new-object -com internetexplorer.application;$ie.visible=$true;$ie.toolbar=$false;$ie.navigate('about:blank');$html=((new-object -com shell.application).namespace('%1').items()|convertto-html -title '$%1' -property Name,Size,ModifyDate,Type|out-string);try{$ie.document.write($html)}catch{$ie.document.IHTMLDocument2_write($html)}\"

ファイルフォルダのバックグラウンドメニューに関連付け

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shell\ps-shell-ie\command]
@="C:\\Windows\\System32\\WindowsPowerShell\\v1.0\\powershell.exe \"$ie=new-object -com internetexplorer.application;$ie.visible=$true;$ie.toolbar=$false;$ie.navigate('about:blank');$html=((new-object -com shell.application).namespace('%v').items()|convertto-html -title '$%v' -property Name,Size,ModifyDate,Type|out-string);try{$ie.document.write($html)}catch{$ie.document.IHTMLDocument2_write($html)}\"

右クリックで「印刷」、「ソースの表示」で保存できます。

※ IEウィンドウがアクティブになれず、バックグラウンドで点滅します。

« バッチファイルや関連付けでフォルダの詳細表示相当+フォルダサイズを保存印刷する。 | トップページ | IE8の履歴の在処 »