« ドロップ時のカレントディレクトリは?(その2) | トップページ | エンコードされたURLをデコードしてクリップボードへ送る。(ブックマークレット) »

2011年3月 5日 (土)

Vista/Win7の「ヘルプとサポート」で特定のページを開く。

urlを調べるには、そのページのソースを表示します。"<body"か"helpurl="を検索します。
<body helpurl="mshelp://help/?id=home">

OSには、urlを指定して開くコマンドがありません。HPのPCには、HPの作ったツールが付属しています。

C:\Windows\HELP\OEM\scripts\HPHS_Launcher.exe mshelp://help/?id=home

よく使うものは、ショートカットを作っておけばよいでしょう。

また、mshelp:をプロトコルに登録してしまう方法もあります。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\mshelp]
@="URL:mshelp Protocol"
"URL Protocol"=""

[HKEY_CLASSES_ROOT\mshelp\Shell]

[HKEY_CLASSES_ROOT\mshelp\Shell\open]

[HKEY_CLASSES_ROOT\mshelp\Shell\open\command]
@="C:\\Windows\\HELP\\OEM\\scripts\\HPHS_Launcher.exe %1"

HP以外のpcでは、HP Help and Support Utilityをダウンロードすればよいでしょう。
http://h30155.www3.hp.com/helpandsupport/

« ドロップ時のカレントディレクトリは?(その2) | トップページ | エンコードされたURLをデコードしてクリップボードへ送る。(ブックマークレット) »