« IE9でタブブラウズを無効にすると、タイトルがどこにも表示されない。 | トップページ | バッチファイルで作るteeコマンド(その3) »

2011年8月30日 (火)

バッチファイルで作るteeコマンド(その2)

unixのteeコマンド擬似をバッチファイル機能だけで作ります。
ただし、コンカレントな出力でないので、インタラクティブ処理には使えません。
また、teeコマンドの分岐先はファイル出力ですが、標準エラー出力のほうが、汎用的です。

tee.cmd

@echo off
more > %temp%\teeclip.tmp
type %temp%\teeclip.tmp >&2
type %temp%\teeclip.tmp

また、クリップボードに分岐するには、

~ | tee.cmd | clip.exe

あるいは、

teeclip.cmd

@echo off
more > %temp%\teeclip.tmp
type %temp%\teeclip.tmp | clip.exe
type %temp%\teeclip.tmp

標準出力だけでなく、標準エラーも回送するなら、

~ 2>&1 | teeclip

« IE9でタブブラウズを無効にすると、タイトルがどこにも表示されない。 | トップページ | バッチファイルで作るteeコマンド(その3) »