« フォルダ内のアイコンを任意の順序にする。(その2) | トップページ | 「フォルダショートカット」を作る。(その2) »

2011年12月23日 (金)

「フォルダショートカット」を作る。

「フォルダショートカット」を作る。

XPでは、ターゲットフォルダをスタートボタンにドロップする。スタートメニューから移動する。

Vistaでは、
ターゲットフォルダをCTRLとSHIFTを押しながらドロップする。
ターゲットフォルダを右クリック、SHIFTを押しながらショートカットの作成をクリックする。それを移動する。
ターゲットフォルダを右クリック、送る、SHIFTを押しながらデスクトップ(ショートカットを作成)をクリックする。それを移動する。
ネットワークショートカットフォルダ(shell:nethood)を開き、ターゲットフォルダをALTを押しながらドロップする。それを移動する。

Windows7では、
ネットワークショートカットフォルダ(shell:nethood)を開き、ターゲットフォルダをALTを押しながらドロップする。それを移動する。

手作業では、
1. フォルダを作成する。そこに、
2. ターゲットフォルダの普通のショートカットを作る。名前はtarget.lnk固定。
3. desktop.iniファイルを作る。
[.ShellClassInfo]
CLSID2={0AFACED1-E828-11D1-9187-B532F1E9575D}
Flags=2
4. フォルダにreadonly属性を付ける。

変更したいときは、コマンドプロンプトでフォルダのreadonly属性を外す。
attrib -r フォルダ

« フォルダ内のアイコンを任意の順序にする。(その2) | トップページ | 「フォルダショートカット」を作る。(その2) »