2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« timeoutコマンドがタイムアウトしたか否かを判定する。 | トップページ | IEウィンドウを擬似最大化に設定する。 »

2012年1月20日 (金)

IEのウィンドウの位置とサイズを設定する。

このスクリプトを実行すると、IEウィンドウが開きます。その位置とサイズを変更して終了するとそれらがレジストリに設定されます。

ie_set_window.vbs

Set ie=CreateObject("InternetExplorer.Application")
ie.Visible=True
ie.Navigate "about:blank"
Do While ie.Busy Or ie.ReadyState<>4
  WScript.Sleep 100
Loop
Set ie.Document.body.OnBeforeUnload=GetRef("OnUnload")
Do While TypeName(ie)="IWebBrowser2"
  WScript.Sleep 100
Loop

Sub OnUnload
arr=Array(44,0,0,0,0,0,0,0,1,0,0,0,255,255,255,255,255,255,255,255,255,255,255,255,255,255,255,255,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0)
Call i2b(ie.Left,arr,28)
Call i2b(ie.Top,arr,32)
Call i2b(ie.Left+ie.Width,arr,36)
Call i2b(ie.Top+ie.Height,arr,40)
Const HKEY_CURRENT_USER=&H80000001
Call GetObject("Winmgmts:root\default:StdRegProv").SetBinaryValue(HKEY_CURRENT_USER,"Software\Microsoft\Internet Explorer\Main","Window_Placement",arr)
End Sub

Sub i2b(ByVal n,byref arr,ind)
For k=ind To ind+3
  arr(k)=n Mod 256
  n=n\256
Next
End Sub

« timeoutコマンドがタイムアウトしたか否かを判定する。 | トップページ | IEウィンドウを擬似最大化に設定する。 »